腎臓に負担をかけない配慮|更年期障害と甲状腺の病気をきちんと見極める重要性

更年期障害と甲状腺の病気をきちんと見極める重要性

先生

腎臓に負担をかけない配慮

聴診器

腎臓病とは、その働きが弱ってしまうために、血液や尿にたんぱく質などの不純物質が混ざってしまう状態を言います。こうなってしまうと透析を受ける必要が出てきたり、排尿も困難になってしまいます。腎臓病は着実に増えてきている状況で、その理由は欧米化の食生活による生活習慣病や、高齢化の影響も受けています。生活習慣病では、たんぱく質の取り過ぎによって腎臓に負担を与えてしまうことになります。そうなると本来老廃物を仕分けする働きが上手くできなくなるので、あらゆる方面で支障が出てしまうのです。このことから、高齢の人に限らず、若い人でも腎臓病になる人はいるので注意しなければいけません。食生活を見直さなければいけない問題となり、腎臓に優しい働きを意識していかなければいけません。

腎臓病の治療では、薬物療法や食事療法などがメインです。特に、食事療法は大切なことで、腎臓にこれ以上負担をかけないためにも、特別な内容の食事を取っていく必要があります。腎臓に負担をかけてしまう原因は、過剰なたんぱく質や塩分です。これらを極力控えた内容の食事が、腎臓病に最適な食事療法となります。こういった低タンパク質減塩の食事は、病院でも栄養士によってアドバイスが行われ、毎日のレシピも紹介してくれます。また、病院食として出されている低タンパク質ように作られたパンなども販売されてあるので、気軽に購入もできます。食事は毎日のことなので、このような便利な方法があるととても助かります。これで、腎臓に負担をかけることなく、治療を続けていくことができます。